· 

仏教に触れる〜特別展 東寺〜でイケメン帝釈天に会ってきた

おはこんばんにちは★

ぱどまch はよ です\(^o^)/

 

題名にもある通り…大好きな東寺の

特別展が東京国立博物館で開催されていると

言うことで、行ってきました〜!!

3月下旬から開催されていて6月2日まで

の開催期間なのですが…

気がつくのが遅くて行くのがぎりぎりに

なってしまいました(T_T)

同じことを考えている同士達に紛れて

東寺展満喫してきました(^o^)(^o^)!

 

東寺といえば、修学旅行の行き先としても

定番コースになっていますね。

中学生・高校生の時に東寺で仏像や宝物館を

観た記憶がある方も多いのでは?

 

 

 

○東寺について〜

平安京遷都に伴い王城鎮護の官寺として西寺

とともに建立されたのが東寺(正式名称は

教王護国寺)です。(現在残っているのは

東寺のみで西寺は廃寺になっています)

 

平安京において寺院建立を許されたのは、

東寺と西寺のみでした。唐に渡った際に

青龍寺の恵果阿闍梨より受法し真言密教を

学んで帰国した弘法大師空海は、823年に

嵯峨天皇より東寺を賜り、東寺は真言密教

の根本道場となります。

空海のもたらした密教の造形物は、美術品と

しても極めて高い質を誇り、その多彩さや

豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜い

ているとされています(^o^)

 

今回の展示も素晴らしく魅力的なものばかり

でしたが勿論撮影禁止なので皆さんにお見せ

出来ないのが残念です。

※ちゃんと逆走せず順路にそって何回も

資料や仏像を見て回りました

 

そして、今回の東寺展なんと…あの

帝釈天だけカメラフレームに入れて

いいとの事で撮らせてもらいました(^o^)

帝釈天騎象像→写真撮影&SNS投稿がOK

でした(^o^)(※フラッシュはNG)

 

○帝釈天とは

帝釈天とは、仏教の守護神である天部

梵天と並んで仏教の二代護法善神とされて

います。天部最高位に位置する仏教の守護神

 

四天王(持国天、増長天、広目天、

多聞天)などを配下として仏教の世界観に

おける須弥山の頂上である忉利天の善見城

(喜見城)に住んでいるとされています。

もとは古代インド神話の英雄神・インドラと

呼ばれており天空を駆け抜け、

「インドラの矢」と呼ばれる雷で凶暴な魔神

達と戦っている武神さんでした(^o^)

 

仏教に取り入れられると戦いの神という認識

は薄くなっていき慈悲深く柔和な性格に変わ

っています。梵天と並ぶ仏教の二大護法神と

なり、仏教世界の中央にそびえるとされて

いる須弥山(しゅみせん)の頂きから命ある

もの全てを見守っているのです。

人間界も当然見守ってくれていますよ(^^)

 

お釈迦様の伝記にも梵天と共に登場しお釈迦

様のガードマンであると共にお釈迦様の生涯

を見守った目撃者の役割を果たしています。

 

大日如来を本仏とする密教では十二天の1人で

あり、千手観音の眷属である二十八部衆の

1人でもあります(^^)

 

また阿修羅との壮絶なバトルも有名で、

阿修羅には舎脂(しゃし)という超美人の娘

がおり、いずれは帝釈天のお嫁さんにしよう

とプランしていましたが帝釈天はそのことを

知らずに舎脂を奪い取り、手を出して

しまったのです。怒り狂った阿修羅は帝釈天

に戦いを挑みましたが舎脂はその戦いの真っ

最中に帝釈天を愛し正式な夫人となってしま

います。

それを知り余計に逆上した阿修羅は、

天界全体を巻き込む大戦争を引き起こします

“修羅場(しゅらば)”という言葉は実は

この事から生まれた言葉と言われています。

 

結局阿修羅が戦いの神である帝釈天に勝てる

わけも無く負けて天界から追放されます。

阿修羅の怒りはもっともな事で娘を陵辱

した帝釈天は悪、娘の父の阿修羅は正義と

普通は捉えられがちですが…仏教ではそう

考えません。

 

阿修羅は怒りで自分を忘れ、戦いに目を

奪われてしまい時既に、娘の舎脂が帝釈天

の正式な奥さんだったのにも関わらず相手

を赦す心を失ってしまっていました。

 

たとえそれが正義であってもそれに固執

しては、善の心を忘れ、妄執の悪・復讐

の鬼になってしまうこともありますね。

過去を水に流し、人を赦すことの大切さを

この二人の戦いから学ぶことが出来きますね

 

ご利益は、戦勝祈願、国家安泰の高徳があり

災難から守られ立身出世や蓄財が出来ると

されています。流石って感じですよね(*^^*)

 

アイドル顔負けの撮影会を繰り広げていた

帝釈天ゾーンの後には今回一番見たかった

「後七日御修法」(ごしちにちみしほ)

の道場の再現を見に会場をぐるぐる\(^o^)/

重要な法会(ほうえ)で使用される

金色に輝く「五鈷鈴」「五鈷杵」「金剛盤」

などの密教法具や、それらを大切に格納して

いたとされる黒漆で塗り固められた皮製の箱

「漆皮箱」も見てきました。

 

○後七日御修法とは

後七日御修法とは、真言宗で最重要の秘密の

儀式です。毎年正月の8日~14日にかけて、

勅使が、天皇の御衣を納めた唐櫃をその年の

大阿闍梨に渡す御衣伝達式を行なった後

御衣を道場に安置され、真言宗各山の高僧

15人が参列し、7日間にわたり21座の加持

祈祷を勤めるんだそうです。

 

天皇の安穏と国家の安泰を祈念して加持祈祷

が執り行われます。毎年ニュースでもちらっ

と報道されていますね(^^)

もとは宮中で、今は東寺の灌頂院において

空海ゆかりの密教法具などを用いて毎年続

けられています。

修法が行われる戒壇の厳粛な雰囲気を味わう

ことができます。

 

 

残念ながら、もう東寺展終了なので

興味を持たれた方は京都に訪れた際

是非東寺に足を運ばれてみては

 

いかがでしょうか??\(^o^)/

 

ここまでお付き合い頂きありがとう

ございます(^^)ぱどまchのブログが

皆さんの何かお役に立てると

幸いです★\(^o^)/