· 

一粒万倍日とは?開運への近道〜

 

おはこんばんにちは★

ぱどまch はよ です\(^o^)/

いつもブログをお読み頂いている皆さん

ありがとう御座います(^o^)(^o^)

 

今日は、よく大安吉日や一粒万倍日という

言葉を皆さんカレンダーで見かけたり宝くじ

売り場などで目にする方も多いと思いますが

一粒万倍日についてご紹介していきたいと

思いますのでお付き合いください。

 

 

初めてこの言葉を知った方も少なくないと

思いますが、ひとつぶまんばいび?

ひとつぶまんばいにち?

なんて読むのか分からないですよね。

 

これは、「いちりゅうまんばいび」

もしくは「いちりゅうまんばいにち」

と読むのが正解です(*^^*)

 

有名な吉日として大安という日があります。

一粒万倍日は、その大安にも並ぶ大変に縁起

のよい吉日とされています。

 

一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは、

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、

素晴らしい稲穂になることを表しています。

 

"手元にあるわずかな物で始めた事が何倍に

も膨らむ"とされ、新しい物事をスタートする

にはもってこいの日とされています。

二十四節気の節気からの日数や干支で決まり

二十四節気とは、節分を起点に太陽暦の一年

を24分割し、各区分の日に季節をあらわす

呼び名をつけたもののことです。

 

立春・春分・秋分・夏至・冬至などが

それにあたります。太陰暦を使っていた

時代に、季節を表す区切りとして生み出され

ました。

節気は、新暦とも旧暦とも異なる一年の区切

りになっており、節気ごとに以下の日を一粒

万倍日とすると決められています。

 

この吉日は月に4~7回あるので、

「大安」や「寅の日」「天赦日」など

他の吉日と組み合う事も多いのが特徴です。

そのような日には、一粒万倍日の効果が

倍増するとも言われています。

逆に、仏滅などの凶日と重なったら半減

してしまうようです(ToT)

 

特におすすめの吉日をご紹介します。

※天赦日…日本の暦の上で最高の吉日

とされる日です。天赦とは字のとおり

天が赦(ゆる)すという意味。

万物の罪をゆるしてくれるということから

何をやっても良い日とされます。

 

話を戻しますが、一粒万倍日は何度も書いて

あるように手元にあるわずかな物で始めた事

が何倍にも膨らんで大きな利益として自身に

返ってくるという意味ですので、

そのため、プラスなコトはOKですが…

基本的にマイナスなコトはNGとなります。

具体的な基準といえば、それが大きく肥大化

したら困るような事です。

 

NG例↓↓

・葬儀

・融資・借金

・車購入・契約

・賃貸契約

・けんか

・入院

・クレジットカード契約

・カード払い

・買い物・通販

・別れ

・引き渡し

etc

 

OK例↓↓

・お財布の新調

・宝くじの購入 

・仕事始め

・結婚

・銀行口座の開設

・種まき

・お金の支出に関する事(出資など)

・開業

etc

 

はよも一粒万倍日の日にお財布を新調

しました(*^^*)♪♪

いい日にお財布を買い替えられたので

これからが楽しみです!!

 

 

一粒万倍日はご利益がとても大きいにも

かかわらず、六曜の大安などに比べて

見過ごされがちな吉日です(´;ω;`)

一粒万倍日の日取りは、節切りで決まりま

すので1月は丑と午の日、2月は酉と寅の日

3月は子と卯の日といった形です。

開運のチャンスを逃さないために

スケジュールをよく確認し、この日に良い

とされるイベントを実践して

みてくださいね\(^o^)/

 

 

最後までお読み頂きありがとう

ございました。

ぱどまch のブログが皆さんの

何かお役に立てると幸いです。