· 

「桃の節句」ひなまつり って何??

おはこんばんにちは〜★

ぱどまch はよです\(^o^)/

先日の節分ではしっかり恵方を向いて

もくもくと恵方巻きをたべました♪♪

皆さんはしっかり豆まきをしましたか??

 

節分が終わったと思ったら今度は

ひな祭りを迎えますね(*^^*)

 

ひな祭りといえば雛人形を飾り、ちらし寿司

やハマグリのお吸い物を食べて女の子の健や

かな成長を願う伝統行事ですよね。

 

 

 

今日は、由来や意味などをすこしご紹介

していきたいと思いますのでお付き合い

いただければと思います(^^)

 

 

ひなまつりは「桃の節句」とも言われます

 

そもそも節句というのは季節を分ける節目

のことで中国から入ってきた考え方と

されています。奇数の数字が重なる日には

悪いことが起こると昔より考えられており、

その災いや邪気を払うために祭りなどを

するようになったんだとか。

三月三日は上巳の節句、

五月五日は端午の節句、

七月七日は七夕の節句、

九月九日は重陽の節句となりました。

 

それぞれ、その季節その季節の植物が

飾られます。

端午の節句には菖蒲を、

七夕の節句には笹を、

重陽の節句には菊を飾ります。

 

そして三月三日の上巳の節句には、

桃の花が飾られます。

※桃の花の開花は三月下旬から四月上旬です

 

ではなぜ桃の花なんだろうと思った方も

いると思いますが、本来の上巳の節句は

旧暦の三月三日で、現在でいうと一カ月違い

くらいでちょうど四月上旬くらいなのです。

そのため上巳の節句に桃の花を飾っており、

和名を桃の節句としたとされています。

 

旧暦の三月三日の桃の節句新暦になっても

残したため、新暦の三月三日の桃の節句でも

桃の花を飾ることになってしまったのです。

ひなまつり用に街中で売っている桃の花は

温室栽培のものが多いようですが(^_^;)

ですが地球温暖化で桃の節句に桃の花の

開花が追いつきつつあるという現状です。

 

もうひとつの説は桃には百歳(ももとせ)

まで生きられるようにという不老長寿

の願いも込められていました。また桃には

邪気をはらう力があるといわれていました。

鬼退治に行くのが「桃太郎」なのも

そのためと伝わっているんだとか。

 

「上巳(じょうし)の節句(3月3日)」は、

忌み日とされてきたので不浄、邪気、穢れ

などが襲ってくる日とされ、そうした災難を

避けるために水辺で手を洗い、身を清める事

で厄や災いを免れる禊の習慣があり、

その習慣が後に中国語から日本に伝わって

来たとされています。

その後は紙で作った形代(かたしろ)

と呼ばれる人形で体をなでて穢れを落とし、

川に人形を流して厄災を祓う「流し雛」

という風習が定着していきました。

現在でも3月3日に紙でつくった人形を川

などに流す行事は各地に残っていますよね

 

この「流し雛」と、宮中や貴族の子女などが

遊んでいたままごとに近い人形遊びの

「ひいな遊び」が結びついて、ひな人形が

生まれたと考えられています。

その後、穢れを移したとされる人形が社寺に

持ち込まれ、厄除けをする習慣が生まれ、

お祓いを受けた人形は持ち帰って飾られる

ようになり、女の子の成長を願うひな祭り

の行事になっていきました。

 

ひなまつりといえば、ひなあられや

菱餅、ハマグリのお吸い物をいただき

ますがそれにもちゃんとした意味があり

 

 

○菱餅

 

竜に襲われそうになった娘を菱の実

で退治して救ったという、インドの仏典の

説話に由来しているとされています。

 

上巳節(じょうしせつ 旧暦3月の最初の巳

の日こと)で食べていた母子草

(ははこぐさ)のお餅が日本でよもぎ餅と

なり、江戸時代に入り白い餅、明治時代には

赤い餅が加わって、3色になったとも

いわれています(*^^*)

 

菱餅は下から緑・白・ピンク(桃・紅)

の順番になっておりそれぞれ、

緑(大地)白(雪)ピンク(桃・紅)

を表し「雪の下には新芽が芽吹き、

桃の花が咲く」という意味があります。

 

それぞれの色の意味も下記のようにあり、

 

 

* 桃・紅:「魔除け・厄除け」

* 白:「清浄・純潔」

* 緑:「健康・新緑の生命力、邪気を祓う」

 

上記のように、災厄を除き娘の健康を願う

気持ちが込められています。

 

 

○ハマグリのお吸い物

 

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻で

なければ、ピタリときれいに合わさることは

ありませんよね??このことから、仲の良い

夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるように

と、女の子の末永い良縁を願う意味が込められ

ているとされています。

 

○ひなあられ

 

ひなあられは比較的近代になりひな祭りに

食されるようになりました。

菱餅を行事の終わりに砕いて作ったのが

始まりと言われており、菱餅の3色に黄色を

加え、ピンク、緑、黄、白の4色で

それぞれ四季を表しています。

でんぷんが多く健康に良いことから

「1年中娘が健やかに幸せに過ごせるように」

という願いが込められているんだとか。

 

 

いかがでしたでしょうか(^^)??

 

 

 

古くから受け継がれる習わしやしきたりには

それぞれ色んな意味や由来がありますが

その意味や由来を知ると、その習わしも

感慨深く、趣があるものに変化していきます。

 

忙しい現代だからこそ、受け継がれた歴史や

日本の姿を感じる機会を大切にしていきたい

ものですね(*^^*)

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました

ぱどまchのブログが皆さんのなにかお役に

立てると幸いです\(^o^)/♪♪