· 

『京都三弘法まいり』とは?

おはこんばんにちは〜★

ぱどまch はよです・ω・♪♪

 

新年明けましておめでとう御座います。

新年あけて少し経ってしまいましたが

皆さん初詣には行かれましたか??

私も、新年は京都で年越ししました(^^)

四国八十八ヶ所巡礼中なので、感謝の

意を込めて、京都三弘法まいりに行っ

てきました。

 

昔から四国八十八か所めぐりの遍路の旅に

出る際には、最初に教王護国寺(東寺)で

弘法大師に旅立ちを報告し、最後に高野山

へ満願を報告するといわれています(^^)

ですが明治の初めまでは、京都の弘法大師

ゆかりの3か所に詣でたのだそうですよ。

 

弘法大師空海ゆかりの3ヶ寺を巡拝する

三弘法まいりの風習は、江戸時代中期が

起源とされていて正月の3日間にお参りす

れば一年中の厄を逃れられるとされています

または毎月21日の弘法大師の縁日に巡礼

する習わしもあります(^^)

 

また、四国八十八ヶ所霊場を巡るお遍路が、

道中安全を祈願して3ヶ寺で菅笠・金剛杖

納札箱を授かり、それらを身につけて巡礼

する風習もあったのだとか。

三弘法まいりの風習は昭和30年代頃には

いったん廃れましたが、平成24年(2012)

に「京都三弘法霊場会」が結成され、半世

紀ぶりに復活しました♪♪

その三ヶ寺が東寺、仁和寺、神光院です。

順不同になりますがご紹介していきます。

 

 

○教王護国寺(東寺)

 

 

東寺は正式名称を教王護国寺といい、

東寺真言宗の総本山であり、根本道場でも

あります\(^o^)/

平安遷都の時期と共に建立された東寺を、

唐の国で密教を学び帰国した弘法大師が

天皇より賜り真言密教の根本道場としました

東寺は密教美術の宝庫で、「伝真言院曼荼羅」

をはじめ国宝や重要文化財だけでも約25,000

点あります。これらの寺宝のうちから、

春秋にテーマを決めて公開されています。

 

現在でも「お大師様の寺」として庶民に

広く愛されているお寺のひとつですね。

弘法大師の月命日にあたる21日は「弘法

さん」として縁日になっており、東寺の境内

には沢山の露店がひしめき、賑わっています。

 

 

○仁和寺

 

 

真言宗御室派総本山の寺院で、

光孝天皇の勅願で886年(仁和2)に建て始

められていましたが、同天皇は寺の完成を

みる事なく翌年に崩御。遺志を継いだ宇多

天皇により888年(仁和4)に落成、

「西山御願寺」と称されましたが、やがて

年号をとって仁和寺と呼ばれるように

なります。

宇多天皇が出家後、伽藍の西南に「御室」

と呼ばれる僧坊を建てて住んだため

「御室(仁和寺)御所」との別称が

あります。その後も皇族や貴族の特別な

保護を受け、歴代の門跡(住職)は、

江戸時代が終わるまで皇室出身者が務める

事となり、門跡寺院の筆頭として仏教各宗を

統括していました。

(第30世門跡伏見宮純仁法親王の還俗に

より宮門跡の歴史は幕を閉じる)

室町時代にはやや衰退し、応仁の乱により

伽藍は全焼、それから1世紀半もの間、

現仁和寺の南にある双ヶ丘にて、僅かに堂舎

を構えるのみとなります。

寛永年間(1624年-1644年)に入り、

徳川幕府により伽藍は復興されました。

また春には御室桜が綺麗だと有名ですね(^^)

 

 

○神光院

 

昔上賀茂神社の神職が「霊光の照らした

地に一宇を建てよ」という神託を受けた

ことから建てられたのが神光院です。

寺名もそのエピソードが由来という

小さな寺院となっていますが神光院は弘法

大師が修行を行った寺であり、弘法大師が

修行中に眼病治癒のご祈祷をしていたこと

から、眼病にご利益のあるお寺としても

広く知られています\(^o^)/

 

7月にはきゅうりへ病苦を封じる疫病除け

「きゅうり封じ」のご祈祷が行われること

でも有名です。「きゅうり封じ」は弘法

大師が行ったとされる密教の秘法とされ、

きゅうりに名前と年齢を書き込み、祈祷の

後に家に持ち帰り、土に埋めたり川に流し

たりすると病が失せるといわれています。

 

 

以上簡単ですが、ご紹介させて頂きました!

現在でもお正月の三が日や21日の弘法大師の

ご縁日に合わせてお寺を巡る方が増えている

んだとか…。1年の無病息災を願って機会が

あれば訪れてみてはいかがでしょうか??

 

ここまでお読み頂きありがとうございます

ぱどまchのブログが皆さんのお役に立てる

と幸いです\(^o^)/

 

 

ブログランキング参加中です。

応援クリックをポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓

 

   ブログランキング・にほんブログ村へ