· 

お正月を気持ち良く迎えましょう。お正月とは?

 

おはこんばんにちは☆

ぱとまch はよ です\(^o^)/

 

今年も残すところ、あと数週間ですが

皆さん年明けは帰省されて初詣に

行ったりお家でのんびり過ごされたりと…

もうご予定はお決まりですか??

 

今日は少しだけお正月のいわれ等を

ご紹介したいと思いますのでお付き合い

ください(*^^*)♫

 

○お正月の年神様

 

昔から元旦である1月1日、各家庭に新年

の幸せをもたらすために、高い山から降りて

くるといわれている神様が「年神様」。

「正月様」または「歳徳神(としとくじん)」

とも呼ばれていますが地方によって呼び方は

様々です^_^

 

昔の人は祖先の霊が田の神や山の神になり、

正月には年神となって、子孫の繁栄を見守っ

てくれるのだと考えられてきました。

そこでたくさんの幸せを授かるために年神様

をお迎えしてお祝いする様々な風習や行事が

生まれたと言われています。

 

そんなお正月の年神様をお迎えするにあたって

大切なのが年末の大掃除!!

皆さん年末の大掃除はもう済みましたか??

 

大掃除も昔は煤払いと呼ばれていましたが、

「煤(すす)払い」は正月に年神様を迎える

ために、1年の汚れを落とす行事として江戸城

で12月13日に行われていたことからこの日を

「正月事始め」として、正月の準備に取りかか

る日とされてきました(*^^*)

現代家の中で火を焚くこともないので煤は

ありませんが、年末の大掃除にとりかかる

目安として今も形を変えて残っていますよね。

 

お掃除が済んだら今度は飾り付けですが、

お正月の三が日にも目にする門松やしめ縄

鏡餅にはどのような意味が込められている

のでしょうか(・・??

 

 

○門松

門松は、新年に年神様が降りてくる際の

目印とされています。常緑の松は神が宿る

木と考えられ、後に竹が長寿を招く縁起物

として添えられました。玄関前に左右に飾

りつけ向かって左側を雄松、右側を雌松と

呼びます(*^^*)

 

門松を29日に立てるのを「苦立て」、

31日に立てるのを「一夜飾り」と言い敬遠

されていますので、28日頃に立てるのが

良いんだとか。

 

 

○しめ縄

しめ縄は、家の中が年神様を迎えるために清

められた場所であることを神様に分かって頂

く印として飾ります。本来は神社と同じよう

に、しめ縄を張り巡らしましたが、次第に

簡略化され、現在はしめ飾りや輪飾りがよく

使われているのを目にしますよね。

 

しめ飾りには、

ウラジロ(不老長寿)やユズリハ(子孫繁栄)

ダイダイ(家運隆盛)など、縁起のよい植物

があしらわれています。

 

 

○鏡餅

家にお迎えした年神様の依り代(居場所)

として「鏡餅」を飾ります。昔から「餅」

は神様に捧げる神聖な食べものとして、

祝い事や祭りには欠かせないものでした。

鏡餅の丸い形は人の魂を模して作られ、

それが神事に使う鏡の形と同じだったので

「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

餅を大小2つ重ね合わせるのは、月(陰)

と日(陽)を表し、縁起がいいと考えられ

たためです。鏡餅も門松同様、29日、31日

を避けて飾り、1月11日の鏡開きにお汁粉

などにしていただきます。

 

※門松、しめ飾り、鏡餅:

「日本人のしきたり」 飯倉晴武編著 

(青春出版社)より抄録

 

 

今年の汚れは今年のうちに…!!

しっかりお掃除して気持よく年明けを

迎えたいですね\(^o^)/♪

 

ぱどまchのブログが皆さんのお役に

立てると幸いです^_^

今日はこの辺で…☆

 

 

ブログランキング参加中です。

応援クリックをポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓

 

   ブログランキング・にほんブログ村へ