· 

~東国三社参り③~

 

おはこんばんにちは〜★

ぱどまch はよ です\(^o^)/♪

ハロウィンは皆さん盛り上がりましたか?

 

今回はいよいよクライマックスの東国三社

参り第3弾です♪♪いつもブログにお付き

合い頂きありがとうございます(^^)

 

 

 

 

○香取神宮

 

香取神宮は下総国(現・千葉県北部)

の一の宮で全国約400社ある香取神社の

総本社です。そして常陸国(現・茨城県)

の一の宮「鹿島神宮」とは、双子の様な

兄弟神社で、霞ヶ浦、利根川を中心とした

水のパワーを秘めており関東のツートップ

守護神と云われています(*^^*)

創建に関しては諸説ありますが、時期的

には弥生時代の初期、紀元前640年頃と

推定されます。経津主の子である

苗益命(なえますのみこと・天苗加命)が

香取連(かとりのむらじ・香取氏)の始祖で

その子孫の豊佐登が「香取連」と称して

香取神宮を建立したと考えられます。

 

香取神宮の主祭神は経津主大神

(ふつぬしのおおかみ)です。

 

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア』

 

経津主神は武甕槌神と関係が深いとされ

両神は対で扱われることが多い。有名な

例としては、経津主神を祀る香取神宮と

武甕槌神を祀る鹿島神宮とが、利根川を

挟んで相対するように位置することがあげ

られる。また、春日大社では経津主神が

建御雷神らとともに祀られている。これは

香取神宮・鹿島神宮のある常総地方が

中臣氏(藤原氏)の本拠地だったため、

両社の祭神を勧請したものである。また

鹽竈神社でも経津主神・建御雷神がシオツチ

ノオジとともに祀られている。

経津主神の正体や神話の中で果たした役割に

ついては諸説がある。神名の「フツ」は刀剣

で物が断ち切られる様を表し、刀剣の威力を

神格化した神とする説のほか、「フツ」は

「フツフツ」と沸き上がり「フルイ起す」

フツであるとする説や神武東征で武甕槌神が

神武天皇に与えた布都御魂(ふつのみたま)

の剣を神格化したとする説がある。なお、

『先代旧事本紀』では経津主神の神魂の刀が

布都御魂であるとしている。『古事記』では

建御雷之男神の別名が建布都神

(たけふつのかみ)または豊布都神

(とよふつのかみ)であるとし、

建御雷之男神が中心となって葦原中国平定

を行うなど建御雷之男神と経津主神が同じ

神であるかのように記載している。

布都御魂を祀る石上神宮が物部氏の武器庫

だったとされることから、経津主神も本来

は物部氏の祭神だったが、後に擡頭する。

中臣氏の祭神である建御雷神にその神格が

奪われたと考えられている。

 

 

 

 以上ウィキペディアから〜。

 

鹿島神宮の武神・武甕槌大神とともに、

天孫降臨に先立ち地上界に降臨し大国主命

から国譲りの交渉を成功させ圧倒的な強さ

で荒ぶる神々を平定した刀剣の神様なので

かなり強力ですね(°ω°)!

 

仕事・人生に総合的な開運力のある千葉県

最強のパワースポットと言われています。

勝運、仕事運、道開き、厄払い、縁結び

などにご利益があると言われています(*^^*)

ですのでここぞという時…!という願望

の方に参拝をオススメします。

 

また境内には要石がありますが鹿島神宮

の武甕槌神と協力して地震の原因となる

大ナマズを押えているとされている石があり

鹿島神宮がナマズの頭を

香取神宮がナマズの尻尾を

それぞれ要石で押さえてくれているそうです

要石は頭の少ししか地上に見えていませんが

地下にはかなり巨大な部分が埋まっている

そうでその昔古墳の発掘も指揮していた

徳川光圀が要石の正体を突き止めようと掘ら

せたそうですが結局掘りきれなかったそう…

東日本大震災の際もきっと守ってくれて

いたんだろうなぁと思うとなお

ありがたいですね(^O^)♪

 

ここぞという時にお力を借りたいですね♪

 

皆さん正しいお参りをして神様方と

素敵なご縁を結んでくださいね(^o^)

 

ここまでお読み頂きありがとうございます

東国三社巡りを計画されている、皆さんの

ご参考になれば幸いです\(^o^)/

 

 

ブログランキング参加中です。

応援クリックをポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓

 

   ブログランキング・にほんブログ村へ