· 

~東国三社参り②~

 

おはこんばんは〜\(^o^)/♪

今回も前回のブログの続きで東国三社参り

の第二弾を書いて行きたいと思いますので

お付き合い頂けたら嬉しいです(*^^*)

 

さて前回は鹿島神宮について書きましたが

今回は息栖神社をご紹介していきます♪♪

 

 

②息栖神社

 

息栖神社は、鹿島神宮、香取神宮とともに

東国三社と呼ばれ古くから信仰を集めて

きた三社のうちの一社です。

関東以北の人は伊勢に参宮したのち、禊ぎ

の「下三宮巡り」と称してこの三社を参拝

したといいます。こちらの解説は前回の

東国三社参り①でご紹介していますので

そちらをお読みください(^^)

 

 

岐神を主神とし相殿に天鳥船神、住吉三神

を祀っています。

 

 

息栖神社の御神体は井戸となっており全国

でも大変珍しく、この井戸には忍塩井

(おしおい)という清水が湧きだしており

お水取りといって、持ち帰ることもできます。

 

利根川河口近くに位置する息栖神社では

海水と淡水が混ざるエリアになるのですが

忍塩井では海水を押し返し清水のみが湧き

だしているそうですよ(*^^*)

ちなみに忍塩井という名前は、この事に

由来しています♪♪

井戸は二つに分かれておりそれぞれの井戸

の中には男瓶・女瓶が置かれています。

瓶と言っても男瓶は銚子の形を女瓶は土器

の形をしているようです。

井戸の水が澄んでいる日しかこれらは見る

ことが出来ないらしく見事拝むことが出来

 

れば幸運が訪れると言われています。

 

 

 

はよが覗いた際はばっちり中に居るお魚達

まで見えました〜(^o^)

 

 

さらには女瓶の水を男性、男瓶の水を女性

が飲むことで二人の仲が良くなり結ばれる

ご利益があると言われています。

カップルには見逃せないご利益ですね\(^o^)

 

 

ここまでお読み頂きありがとうございます

東国三社巡りを計画されている、皆さんの

ご参考になれば幸いです\(^o^)/