· 

~東国三社参り①~

おはこんばんにちは〜★

ぱどまchの はよ です(^o^)♪

 

先日、東国三社巡りをしに茨城県〜

千葉県と三社にお参りしに行って

きました(^o^)

 

そもそも東国三社巡りってなんでしょうか?

 

○東国三社巡りとは

 

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社

 

茨城県と千葉県にまたがる三つの神社を巡る

ことを言います\(^o^)/

それぞれのパワースポットを線で結ぶと直角

二等辺三角形ができ、その中では不思議な事

が起こるといううわさもあるようです。

 

 

伊勢神宮への参拝が大人気だった江戸時代。

 

伊勢神宮への参拝を「お伊勢参り」

東国三社に参拝することは「下三宮参り」

と称され関東より北の人は、お伊勢参りの

帰りに立ち寄る慣習があったそうです。

三社を巡る「東国三社参り」は、江戸時代に

「お伊勢まいりの禊の三社参り」として

関東以北の人が伊勢神宮の参拝を終えた後、

帰る途中で東国三社を参拝するという風習

から生まれたそうです。

 

今では、伊勢神宮に一度参拝したのと同じ

御利益を頂けると参拝する人が多くいるよう

ですね(^o^)♪

この三社参りは「ご利益が凄い!」と、当時

から大人気だったとか…。

三社はいずれも『古事記』『日本書紀』に

おける葦原中国平定に関する神様を

お祀りしています(^o^)!

また明治以前に「神宮」の称号を与えられて

いたのは「伊勢神宮」と「鹿島神宮」

「香取神宮」だけだったことから、歴史も

古く格式の高い神社ですね〜(*^^*)

 

①鹿島神宮

 

鹿島神宮は2600年以上前に創建されたとい

う関東最古の神社だそうで全国に約600社あ

るという鹿島神社の総本社といわれています

日本の初代天皇である神武天皇元年の創建で

とても長い歴史を持つ由緒ある神社です。

 

御祭神は、武甕槌大神

(たけみかつちのおおかみ)で、

 

同じく東国三社のひとつである

 

香取神宮の御神祭である経津主大神

(ふつぬしのおおかみ)

 

とともに出雲の国に降り立ち、その後この地

を譲り受けたと言われています。

神武天皇が東方面へ遠征していた時にピンチ

に陥ってしまいましたが…武甕槌大神により

その窮地から脱出することができたのです。

この恩恵に感謝の意を示すために神武天皇

は即位した年武甕槌大神をこの地にお祀り

したという鹿島神宮創建の言い伝えが

残っているそうです。

 

鹿島神宮の御神祭である武甕槌大神は

日本神話の中でも最強の神とされていて、

勝負運のご利益が得られるとして人気を博

しています。勝負といってもさまざまで、

スポーツや賭け事などはもちろん、恋愛や

仕事、受験など勝負運も含まれているそうで

鹿島アントラーズの皆さんもよくご祈祷を受

けに毎年お参りにこられているそうです。

 

 

まだまだ東国三社巡りの記事続きます〜♪

ここまでお読み頂きありがとうございます

東国三社巡りを計画されている、皆さんの

ご参考になれば幸いです\(^o^)/