· 

仏壇に飾るお花のルールは?

 

おはこんばんにちは〜★

ぱどまch はよ です(*^^*)♪

 

秋のお彼岸も無事に終わりましたね〜

お彼岸の時スーパーやお花屋さんでも

【仏花】が売っていますが、中には

あまり菊が好みではないという方も最近は

多いようで仏壇にお供えするお花はなんで

もいいのか気になったので調べてみました。

 

まずそもそも仏花を仏壇に飾る理由とは〜

 

仏花を仏壇やお墓にお供えする理由は、

仏様や御先祖様に敬愛や尊敬の心を持つだけ

でなく、生命の儚さを知り学ぶという理由も

あるそうです。

 

またお釈迦様が仏様になる前、まだ儒童梵士

(じゅどうぼんし)と呼ばれていた前世で、

修行していた時のお話ですが、燃灯仏(ねん

とうぶつ)という名前の仏様に会った際

是非ご供養差し上げたいと思いましたがこの

時は丁度良いものが何もありませんでした。

そこでたまたま近くでお花を売っていた女性

の元へ行き五茎の「青蓮華しょうれんげ」

という名前のお花を購入し燃灯仏様をご供養

しました。「瑞応経」というお経に記載され

ているお話です。これが、仏様に花をお供え

する始まり…とされているそうです(*^^*)

 

「蓮華」や「睡蓮」は仏教の花ともいわれて

いて泥水の中から生まれても、泥に染まらず

心洗われる清らかさと美しさを失わずに気高

く咲き誇る姿が仏教における慈悲の象徴とさ

れ、称えられているそうです。

 

余談→このぱどまchのぱどま は蓮華を「サ

ンスクリット語」に直した時の単語で

当ホームページの由縁になっております

\(^o^)/♪

 

 

話が逸れてしまいましたが本題〜★

 

仏壇に供えるべき花の色は、3色あるいは

5色といわれています(^^)

 

・3色→白色 黄色 紫色

・5色→白色 黄色 紫色 ピンク色 赤色

 

四十九日までは3色、四十九日を過ぎてから

は5色とするのがよいとされています。

 

花の本数は、奇数が良いとされています。

3本、5本、7本という本数が一般的です。

仏壇には、左右に1つずつ仏花を飾るので、

同じ花束を2つ、つまり1対を用意するよ

うにしましょう(*^^*)

 

また仏壇にタブーな花は、バラや彼岸花です。

バラは、棘のある姿が殺生を思い起こさせる

ため、殺生を避ける仏教にはふさわしくない

とされています(T_T)

また彼岸花は毒のある花で、毒を仏様にお供

えすることになり、タブー視されています。

また、種類に限らず香りの強すぎる花も避け

るべきとされてますので気をつけましょう。

 

ですがそれさえ守れば故人の好きな花や季節

の花等を色々考えて、選んで、お供えする事

により、死者の冥福を祈る気持ちを示す事が

出来ますし、お供えしている人自身に穏やか

な気持ちをもたらしてくれます(^o^)

綺麗な花や好みの花を飾る事で、故人の苦し

みを少しでも癒やせると考えられていますの

で色々選ぶのも楽しいし故人も喜んでくれ

そうですよね♪♪

 

ちなみになぜ菊がよく仏花として選ばれてい

るのかは、ずばり長持ちするお花だからとい

われています(^.^)!せっかくお供えしたお花

が枯れてしまっては悲しいですし長持ちする

お花を購入した方がどんなシーンでも嬉しい

ですよね。

なので菊が代表的なようです(*‘ω‘ *)

 

皆さんもお花と共にあなたが故人を想う気持

ちを仏壇へ捧げてみてはいかがでしょうか

(^o^)?

 

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。

ぱどまch のblogが皆様の何かお役に立てる

と幸いです(*^_^*)。