· 

お彼岸について

 

おはこんばんにちは〜★
ぱどまch はよ です(^o^)

 

昨日で大好きな安室ちゃんが引退してしまい
ちょっと寂しくなりました(;_;)ww
また樹木希林さんもご逝去なされたという事
で、お悔やみ申し上げます…

 

 

来週からはお彼岸になりますね!

 

今年も残すところあと2ヶ月と少し
平成30年もカウントダウンが
始まったんだなぁと改めて実感します(TT)

 

  

彼岸 はインドのサンスクリット語の
「波羅密多」から来たものといわれ、
煩悩と迷いの世界である此岸にある者が、
「六波羅蜜」の修行をする事で「悟りの
世界」すなわち「彼岸」(ひがん)の境地へ

到達することが出来るというものです。

 

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と

夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日
を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び
この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ
行くことが出来ると考えられていたのです。


仏教では、ご先祖さまのいる世界を彼岸
現在私たちが生きているこの世界を此岸

「彼岸」は、西に位置し、
「此岸」は、東に位置するとされています。

 

お彼岸の期間はお盆のような飾り付けなどは
しませんが太陽が真東からのぼり真西に沈む
特別な日は年に2回、3月の春分の日と
9月秋分の日ですが、この日は我々の世界
(この世)と、故人の世界(あの世)が
最も近くなり、その思いが通じやすくなる日
でもあると考えられています。

 


またお彼岸の時期になるとスーパーなど
で見かける事の多いおはぎとぼたもち。

おはぎとぼたもちってなにが
違うのかな?と思う方もいるのでは
ないでしょうか?(・・?

 

春のお彼岸の際は牡丹が咲く季節だから
牡丹餅と書いて ぼたもち

 

秋のお彼岸の際は萩の花が咲く季節だから
御萩と書いて おはぎ だそうです(*^^*)

 

 

日本には古くから邪気を払う食べ物への信仰
がありましたが、小豆の赤色には、災難から
身を守る厄除けの効果があると考えられて
いたようです。

 

ですがもともとは先祖を崇拝するための
お供え物であり、自分たちで食べるため

のものではなかったとも言われています。

 

また春と秋のお彼岸のお供えの違いは、
地方によっても異なる場合があります。


是非お彼岸の際はご先祖様のお墓参り
に行きたいですね^_^♪

 

このblogが皆さんのお役に立てたら
幸いです。

 

 

ブログランキング参加中です。

応援クリックをポチッとお願いします。

↓ ↓ ↓

 

   ブログランキング・にほんブログ村へ