· 

五鈷杵とは?

 

おはこんばんにちは~★

ぱどまchの はよ です!(^^)!

 

今日は仏教法具の五鈷杵と呼ばれるものを

リサーチしてみました(#^^#)♪

 

 

 

〇五鈷杵ってなに?

 

五鈷杵は金剛杵の1種類であり、

金剛杵には様々な種類

 

独鈷杵

三鈷杵

五鈷杵

鈷杵などがありますが

鈷(切っ先)の数により違いがあります。

 

 

五鈷杵は真言宗などの密教と呼ばれる宗派

のお坊さん達が護摩やあらゆる修法の際に

使用しています。

法具の一種で金剛杵はヴァジュラとも

いい先端の尖った、手に持つ武器でした。

 

その中でも五鈷杵は、密教の法具の中で

最高・最強のお守りとされています。

真言宗の開祖である弘法大師空海が右手に

持っている法具でもあり

魔を払い、身を守る

密教を代表とする法具でもあります。

 

空海が当時朝廷に提出した

御請来目録では、限りない幸福

利益をもたらし魔軍を催滅すると

そのパワーを絶賛しています。

ほかにも

金剛夜叉明王や愛染明王などの明王様も

五鈷杵を持った姿で仏像などで

表現されています。

 

 

 

お寺の入り口で見かける 金剛力士像も

金剛杵と深い関わりがあります。

金剛力士はインドのサンスクリット語で

ヴァジュラダラといいます。

 

(金剛杵)+ダラで

金剛杵を持つもの という意味になります。

お寺の入り口で見かけた際は、手に

持っている金剛杵も確認してみましょう♪

 

 

〇五鈷杵の形状

握りの両端に五峯の鈷が出たもので、

五鈷の中央に真っすぐな一本があり

四方から鉤形になっており中央に

集まった鈷が出ています。

 

 

五本の鉾は五仏(大日如来・阿しゅく如来

・宝生如来・阿弥陀如来・不空成就如来)

の智慧を表す五智(法界体性智・大圓鏡智

平等性智・妙観察智・成所作智)を表し

五仏は曼荼羅の世界におけるその他のすべて

の諸尊の根本の尊格といわれています。

 

 

胎蔵界と金剛界の二つの曼荼羅とも

大きく関わりがあります。

 

※胎蔵界曼荼羅(大悲胎蔵生曼荼羅

胎蔵は大悲胎蔵生のこと

(胎蔵=大悲胎蔵生)で子供が

母親の胎内で育つように、

大日如来の慈悲により

本来存在している悟りの本質が

生まれてくるという意味です。

大日経に示される教えの1つの三句

(菩提心・大悲、方便)を悟りへの

道しるべとして図にしています。

 

※金剛界曼荼羅

金剛はダイヤモンドを意味し、

大日如来の智慧が堅固な悟りで

どんなものにも傷ついたり

揺らぐことがないことを表わしています。

大日如来の知徳の世界を表現したもので

全体で見たときに九つに区切られた

複合型の曼荼羅です。

九つの会から成るので、九会曼荼羅

くえまんだらとも言われています。

 

話が逸れてしまいましたが

以上調べてみたところ

五鈷杵はお坊さんだけが

使うものなのかと思っていましたが

密教法具としての道具だけではなく

お守りや厄除けとして身に着けたり

自宅に飾るひともいるそうです。

 

はよ は真鍮五鈷杵推しですがww

 

かなりマニアックなブログに

なってしまいました(*_*;

 

 

ここまでお付き合いいただき

ありがとうございます。

このブログが皆さんのなにか

お役に立てたら幸いです。